世界農業遺産 静岡の「茶草場農法」 認定獲得の掛川深蒸し茶の発売 (限定)

 

 



 

茶園に敷き草を敷くことにより、土壌の水はけが良くなり、尚且つ保水性にも優れ、 茶草場から刈り取ったススキなどの草を茶園に敷く伝統的な茶草場農法の技術は、より高品質なお茶を生産しようとする農家の方々の努力により今日まで継承されています。良質なお茶を生産する営みが、結果的に生き物を守って、農業とさまざまな生物との共存と多様性が同じ方向を向いて両立していることが世界から評価され、世界農業遺産に認定されました。お茶の美味しさを決める茶園の土作りに良いとても優れた農法です。特に掛川では、有機肥料として伝統的に行われていますが、手間と時間がとても掛かる大変な作業の為、全国的にはとても珍しい農法です。



 

※生物多様性保全貢献度シールは貢献度により茶の葉の数により認定されています。

左画像は3本なので、貢献度最上位の3葉ランクの茶草場農法 茶園で栽培されたお茶となります(貢献度により1葉、2葉もあります)

   
  掛川の茶草葉農法茶の正規認定品には裏に「生物多様性保全貢献度シール」が付いています
付いていない掛川茶草葉農法茶とは区別してください
購入数
包装  ※上記は正規認定の最上位3葉ランクのお茶となります
 
100g袋入り、箱入(2、3本)をご用意してあります。

※箱入りは包装紙で包装しての発送となります。
 

     
 

当店ホームページに戻る