間違いだらけの急須選び


意外に知られていない急須の選び方(その5)1997/1月6日

前回(その4)ではカゴ型はお茶が美味しくでない!という結論を得たが、もう少し工夫してカゴ型でも 美味しくだす方法はないのか考えてみよう。

とにかく、カゴ型の急須で板網型の急須の様な状態を作ればいいはずだ!!

その状態とは...

  1. 小さいカゴはやめて大きいサイズのカゴにする

  2. 急須の底までカゴの底が届く様にする
1の大きいサイズのカゴとは急須内側のサイズに近く、葉をいれお湯を注いだ時に葉が十分に移動でき葉の開くのを妨げない大きさのことである。
2の急須の底まで届くアミにする事により一人分でもお湯の量が少なくて済み美味しくでる。

それでは実際にカゴを選んでみよう!!...なんと問題点続出!(~_~;)

まず、急須(その4で使用した物)が球型のため急須自体のフタの径が急須本体の最大径よりもかなり小さく なってしまいフタの直径よりも大きなカゴを選べないことである、つまり1の状態を作れない。また球型ゆえ高さもあり深いタイプの カゴを選んでも底まで届かない。

教訓1−球型急須で高さがある物はカゴ網には適さない。寸胴タイプに近い急須を選ぼう!

気を取り直して板型急須(その4で使用)に大きいカゴ型の網をいれてみみよう。これはフタの径も大きので大きいサイズのカゴを 選ぶことが出来た、しかし大きい径のカゴを選ぶと当然のことながらカゴの高さも増し急須の底まで届くのだが今度は上にカゴが多少 飛びでるのでフタが浮いてしまうのだ。ウーンどうしよう...

ところが幸いなことにステンレスの網なので変形できるのだ。カゴ自体の上下を少し潰して急須の中に うまく納まるようにしてみた。

これでやっと実験ができる(^o^)。
同じ量の茶葉、お湯の量をいれ時間も同じくしていれてみた。さて味は?
左側の板型と右側のカゴ型急須、写真でも判断出来る通り濃度はかわらないし味も板型と殆ど変わらない。
また大きいカゴゆえ急須を振ると中のお湯と茶葉が上手く揺れ、板型と同じくらいの使いよさである。そして もしカゴ網の金属臭が心配ならフッソ加工のカゴ網を選ぶと良いだろう。(フッソ加工のカゴアミは数年前まであったがサイズが限定されていたため現在は販売されていないようである)

まとめ:カゴ型の急須の選び方として次の点を考慮しよう。

  1. カゴ網と同じ形状の急須を選ぶ事
    (カゴはなるべく急須全体に広がる様に大きい方が良い)
  2. 急須の底までカゴが着く様にする事
    (1人分でも茶葉が十分にお湯に触れる事ができ、急須の中のお湯が揺れやすい)
  3. カゴアミ急須にはカゴアミならではの淹れ方がある
    カゴアミ急須は急須の大きさにもよるが380ccクラスの2,3人用の一般的な急須で淹れる場合には一人分の湯量(約60cc)では不向きである、理由としてどうしても急須の底にアミが密着していないし多少何ミリかは遊びがあり底面が盛り上がり反っていたりした場合にお湯が茶葉まで届かないことが多い。こういう場合にはお湯を多く入れると茶葉まで届きうまく茶葉が開いて戻ってくれる。
    380ccタイプの急須で底からアミ底まで約5mmの距離があるカゴアミ急須を使用した実験では標準の100ccタイプの煎茶茶碗7,8分目(約50ccの湯量)では茶葉にやっとしたる程度であり茶葉が水分を吸収してしまうのでエキスがでるまでいかないのである、これでは美味しくでない。こういう時には2杯入れてあげる50ccx2で約100ccこれでやっと茶葉上部までお湯がしみわたり開いてくる(欲を言えば150ccで完璧な状態となる)、ここで急須を揺らして茶葉とお湯が踊っているようであればokである。もちろん一人分の茶葉の量ではなく多めに葉は投入!、、、また裏技として一度カゴアミを急須半分まで持ち上げ再度落としてあげると茶葉が舞い上がり中心部のエキスがよくでていく!



     アミのサイズが大きく大人数で使うなら比較的美味しくでるカゴアミ急須はこちら

今回はあえてカゴ網の急須でも美味しく出す方法を考えてみたが、 カゴ網急須はカゴ網でない急須より利点は「茶ガラの捨てやすさ」だけであるため最後の選択とした方がいいだろう 、またカゴアミに関係なく茶コシの形状は「必要最小限」の大きさが衛生面からみても理想だし一番美味しくでる 。
(ちなみに店ではカゴ網急須でお茶はいれていない、お茶屋専門店ではまず使用していないと考える)

やはりお茶は繊細な飲みものである ゆえに、どうしたら美味しく飲めるか長年研究されて今の急須の形になっている。
つまり急須を形成する「材質」、「取っ手の角度」や「急須口の形状」、「茶コシの形」、「フタ」などが完成さ れた形であると思う。

例をあげれば「急須口の形状」や「フタ」などは急須口を細く絞ることでわざと出にくく し、さらに「フタ」を閉める事で香りが拡散するのを防ぎ、フタに空いている小さい空気穴でその量を調整してこの空気の対流により目詰まりを防止しているのである、出やすくしたいのならば先を絞らない開放型の急須でフタに大きな穴を空けたりしてお湯の通り を良くするのは簡単だ、なぜそうしないのか答えはここにあると思う。
また、実際に茶湯が抵抗無く流れ出す急須で入れてみると実感する事だがなぜかコクがなく美味しくないのである、また抵抗なく出るということは粉も一緒に多くでてしまうことに留意したい、多少詰まりながら出るほうが美味しいと私は思う。さらに球形の急須で上部を搾ってフタが小さい時は茶ガラを捨て難い、ある程度フタが大きくないと実用的でない。
また急須の容量の表示で○○cc とか ○合 とか表示されているが フタの付近まで水を入れた時の容器全体の体積であり、ここまでお湯を入れて使用しては美味しいお茶は飲めないので注意したい。茶コシ半分までのお湯でいれないと急須を傾けて茶碗に注いだ時にアミの部分を茶葉が覆い尽して目詰まりの原因となる。またイッキに傾けると同じ現象が起こりやすくなるので注意し、傾けて注いでは元に(水平よりさらに右側)戻して急須の中の茶葉をアミから遠ざけるテクニックも美味しくいれるポイントである。


前回『間違いだらけの急須選び』その4へ

 


入れ方入れ方実用編へ

新着情報へ